本部の活動・そのほか

 

さくら会本部では、法人の理念を達成するために、また法人および3つの事業所を経営するために、

いろいろな活動をしています。

 


 

本部としての取り組み(抜粋)

☆ 講演会

「手をつなぐ親の会」との共催で、毎年2回10月と2月に
福祉講演会を開催しています。
どなたでも受講可能です。講演内容や日時等、
詳しくはその都度、ホームページにてお知らせいたします。

 

☆ 地域交流

「障害者週間実行委員会」「太陽のひろば」「福祉NPO連絡会」等に
職員を派遣したり「市民まつり」等地域の行事に参加したりして交流し、
障害に対する正しい理解の普及に努めています。
さらに、リサイクルショップやケーキショップを通じて
近隣の方々との交流を深め、地域で愛されるさくら会を目指しています。

 

 


 

組織(抜粋)

☆ 総会

毎年6月に定期総会を開催して、さくら会の重要事項について
議決します。

※ 会員は事業所の利用者さんの保護者や職員が中心ですが、
その他にもたくさんの方に応援していただいています。

☆ 理事会・理事協議会

8名の理事が理事長を中心に、理事会では、総会に付議する事項や
総会の議決した事項の執行に関する事項、事務局の組織及び運営、
その他総会の議決を要しない業務の執行に関する事項等を議決します。
理事協議会は、事業全般にかかわる重要事項を協議します。

 

☆ 事務局

さくら会の運営や三つの事業体運営のサポートを行っています。
障害者総合支援法に基づく、介護給付費・訓練等給付費の請求事務も行っています。

 

☆ 相談支援準備室

さくら会では、地域のニーズを考慮して相談支援事業を立ち上げるべく、その時期や場所の確保について検討するために、
平成27年度より準備室を立ち上げました。そして、小金井市障害者地域自立生活支援センターへ登録型相談支援専門員
として3名を派遣し、「サービス等利用計画」の作成や、さらに初任者研修や現任者研修を受講してスキルアップを
図っています。